ホーム>ブログ

ブログ

梅雨の季節は

201662018424.jpg爽やかな季節を迎えたと思ったらあっという間に梅雨入りです

どんよりとした空気が落ちてくると頭もドーンと重痛くなる方多いですね

私もそうです

でも、気持ち的に低気圧が原因で頭が痛い時に

鎮痛剤を飲む気にはなれないんです

今日は頭痛に効くアロマのお話です

 

命にかかわる頭痛以外の頭痛には

①片頭痛 ②緊張型頭痛 があります

 

ズキンズキンと痛む片頭痛は

血管が拡張してまわりの神経が刺激され痛みが起きます

天気による気圧の変化で起きる頭痛はこのタイプです

気圧の変化以外では

睡眠不足

人ごみに入った時や寝すぎた時などもこのタイプです

「人ごみに入った時」って

あー分かる分かるって感じですよね

そんな痛みがきてしまったら

・痛みの箇所やこめかみ、首を冷やす

・こめかみを圧迫する

・安静にする

・カフェイン(コーヒーなど)を摂る

といった対処法が有効です

そしてアロマです

片頭痛には鎮痛作用と冷却作用があるものがオススメです

・ラベンダー

・ユーカリ

・ペパーミント

・カモミール・ローマン

 

①の片頭痛ってみなさんがよく口にする言葉ですが

②の「緊張型頭痛」はあまり普段から口にしません

「肩こりからくる頭痛」って言ったりしてますね

目の疲れ、ストレス、首や肩のはりなど筋肉の緊張から

痛みが起きます

痛くなったら

ストレッチ、マッサージ、入浴や

患部を温め、緊張をほぐすと効果的です

緊張型頭痛に有効なアロマは

鎮痛作用の他、緊張をほぐすもの

血行促進作用があるものがオススメです

・ラベンダー

・スイートマジョラム

・ジュニパー

・カモミール・ローマン

・クラリセージ

・ローズマリー

・ペパーミント

 

お好きな香り1滴をティッシュなどに

垂らしてかいでもいいですね

また、ホホバオイルなどのキャリアオイルに(10mlでしたら3敵まで)ブレンドして

首・こめかみを軽くマッサージしてみてください

そして

①の片頭痛だったら冷湿布

②の緊張型頭痛だったら温湿布

をすればさらによいですね

 

精油の成分は分子が小さいく、角質層から浸透し全身にめぐるので

鎮痛作用など効果が期待できます

またなんといっても自分の好きな香りは

精神的なリラックスへと導いてくれます

 

精油のお話~スイートマジョラム

2016413101852.jpgフローラル系の香りの中でラベンダー・スイートマジョラム・ゼラニウムはポピュラーで、あまりクセがなくアロマの香りに慣れていらっしゃらない方でもなじめる香りではないかと思います

今日はスイートマジョラムのお話しです

 

スイートマジョラムの精油は、うすピンクの小さな花と葉から水蒸気蒸留法で抽出されます

心をあたためる精油、幸福のシンボル、幸せの香りなどと言われているのですが、芳香浴などで香りを感じるとき、分かる気がします・・幸せな気持ちになる感じが・・・

スイートマジョラムの精油の効能の中で心に与える代表的なもののひとつは不安や悲しみを取り除いてくれることです

温かみのある香りが不安定な精神面をリラックス状態へと導いてくれます

不眠に効果があり、よい眠りに導いてくれる精油でよく知られているのはラベンダーですが、ラベンダーの香りが苦手な方はぜひ試していただきたい香りです

もちろんラベンダー+スイートマジョラムもとってもオススメです

アロマディフィーザーがなくてもティッシュやコットン、ミニタオルなどに垂らして枕元に置くだけでも十分です

 

そしてスイートマジョラムは心だけでなく体を温めてくれる作用に優れています

トリートメントに使用すれば冷えからきているむくみや血行不良による肩こりの緩和にの有効です

フェイシャルトリートメントに使用すればくすみやくまの解消にも!女性にはうれしいですね

 

ただし、妊娠中・授乳中・生理中・低血圧の方、長時間の使用は控えましょう

 

キャリアオイルのお話~ホホバオイル

2015124105054.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像HEALING ROOM SENSESでは

オイルトリートメントの際のキャリアオイルに

ホホバオイルを使用しています

ホホバオイルは「オイル」と呼んでいますが

実は「ロウ」= ワックスエステルに分類されます

「脂(オイル)」と「ロウ(ワックスエステル)」の違いは

化学的な話になってしまいますが

どちらも脂肪酸とアルコール類がエステル化(水を分離)した化合物です

組成される分子の形が異なるので性質も変わってくるため

分類されています

 

ホホバオイルはツゲ科の多年草である「ホホバ」の種子から抽出されます

低温圧搾法で抽出されたものがおすすめです

非常に酸化しにくい上に豊富なビタミンEを含むため

その抗酸化作用により日中の使用でもオイル焼けせず

逆に紫外線から肌を守ってくれます

ワックスエステルは人の皮脂にも30%程含まれているため

肌なじみがとてもよく浸透しやすいので

色々な効能が期待できます

 

①かゆみや炎症を抑える効果があるためアトピーや皮膚炎の治療に使われています

②皮膚を柔らかくし代謝をよくするのでマッサージによる

  妊娠線やセルライト予防にも効果があります

③ターンオーバーを促進するのでニキビや吹き出物を抑えます

④浸透が早く皮脂分泌のバランスを整えるので

  ヘッドマッサージでは抜け毛防止、育毛促進に効果があります

⑤髪に使えば紫外線を防止し髪が艶やかになります

 

本当に万能なので

色々な美容液やクリームを買うなら

ひとつオーガニックのホホバオイルを持っていれば

全身に使えます

 

お風呂上がりに

化粧水の前に「ブースター」として

ホホバオイルを薄くプレスし

その後化粧水→そしてその上にまたホホバオイル

といった使い方が私はオススメです

お肌が柔らかくなります

 

冬の季節

ホホバオイルでのトリートメントは

かさかさも解消されるので

全身しっとりになります!

精油のお話~ラベンダー

20151017163340.jpg精油の中では誰もが知っているラベンダー

私も好きな精油№1です

今日はそのラベンダーについてのお話です

 

お店やインターネットで

ラベンダーのオイルを買おうとすると

お値段が高いものから安いものまで

種類がたくさんあります

 

そもそも精油(エッセンシャルオイル)と

アロマオイル(ビンの表記にはフレグランスオイルと書かれているものなど)は

全く違うものです

精油は植物から「芳香物質」のみを抽出した

100%天然の物です

(※溶剤抽出法のアブソリュートは除く)

ラベンダーや多くの精油は「水蒸気蒸留法」と言って

こんなふうに抽出されます

2015101716352.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので100%天然です

 

たぶん100均とかに売っているものは

化学的な香料が入っているアロマオイルと思われます

なのでもちろん効能や効果は期待できません

使用するとするならルームスプレーや

アロマストーンなど直接肌に触れない場合のみにしましょう

 

さて「ラベンダー」の精油ですが

ラベンダーには実は種類がたくさんあります

一般的にラベンダーの精油と言えば

 

・真正ラベンダー

・トュルーラベンダー

・イングリッシュラベンダー

Lavandula augustifolia(アングスティフォリア)

Lavandula officinalis(オフィキリナス)

Lavandula vera(ヴェラ)

メーカーによって呼び名が違いますが

上記のものは同じものです

こちらは12滴なら

やけどや虫刺されなど直接肌に塗っても

大丈夫です

(ただし、妊娠初期はやめておいたほうがよいでしょう)

 

・フレンチ(ストエカス)ラベンダー

・スパイク(スピカ)ラベンダー

こちらは痩身マッサージに使われることが多いのですが

カンファーの含有率が高いので注意が必要です

妊婦・授乳中・乳幼児は禁忌です

 

・ラバンジン(スーパー/アブリアル/グロッソ)

真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配品種

混ざり方によって上記の種類があります

こちらは刺激性も少なく安価ですので

はじめての方はこちらで試してみるのもいいですね

スッキリとした香りで私は大好きです

 

ここに書いただけでこんなにたくさんあります

メーカーによっても香りが違うので

お気に入りを探すのも楽しみのひとつですね

 

 

 

 

皮脳同根とリラクゼーション

20151017162339.jpg「ひのうどうこん」

人の誕生はたった1つの受精卵から分裂を繰り返していくのですが

そのいちばん初期段階で

「外胚葉(がいはいよう)」・「内胚葉(ないはいよう)」・「中胚葉(ちゅうはいよう)」の

3層に分かれます

そのうちの「外胚葉」は表皮や脳神経組織になります

つまり皮膚と脳は元が一緒ってことなんですね

ストレスでお肌が荒れるっていうのも頷けます

ストレスでアトピーが酷くなる方もいます

 

ボディトリートメントではその逆

お肌を刺激-皮膚から癒す(気持ち良いと感じる)ことで

脳もリラックスさせて欲しいと思います

 

みなさんはどんなことにストレスを感じ(ストレッサー=ストレス源)

どんな状態の時(ストレス反応)

「ストレスが溜まっているな」と感じますか?

人はストレスがないと生きていけないと言われています

人が何かしら反応しなければいけないことはすべて

ストレッサーになる可能性があります

一番わかりやすいのでは「空腹」というストレッサー

それに反応して食事をしようと行動を起こします

行動を起こすための刺激ということですね

生きるための刺激=ストレスです

空腹なら食べればいいのですが

例えばダイエットしていて空腹がストレスとか

対応が難しいと感じるものを普段私たちは

「ストレス」と言っています

でもその度合いは個々によって様々ですよね

そしてストレス反応も眠れなかったり、頭痛だったり、胃痛だったり

これもまた個々それぞれ

つまり「ストレス」って他人にははかり知れないのです

ストレスが溜まったと感じた時

自分のストレスの形を自覚し、向き合い、発散する必要があります

物理的なストレッサーの場合は物理的な解決策を講じますが

ストレスが原因となっている背中のコリや肩のコリ、頭痛など

情緒的な問題解決のためにできること・・・

「カラオケで大きな声を出す」「美味しいものを食べる」

「友達とおしゃべりをする」「スポーツをする」etc.

そのひとつとしての「タッチセラピー」

心地よいリズムでの皮膚へのマッサージは

脳へのリラックス効果にもなります

される側はもちろんマッサージする側も

実はとてもリラックス効果があります

タッチセラピーとしてのボディ&フェイシャルトリートメント

試してみてください

リンパマッサージ

201581715615.jpg

「リンパ」って何ですか?と聞かれることがあります

ざっくり言うと毛細血管から出た血しょう成分のうち

10%~20%が老廃物でそれが毛細リンパ管へ流れ込みリンパ液となります

ので、リンパ液の流れが悪いと老廃物が滞りむくみなどを引きおこします

血管は動脈・静脈が輪になって心臓のポンプで流れますが

リンパ管は手足の先の方にある先の閉じた管がはじまりです

 

リンパ管は浅リンパ管(表在リンパ管)と深リンパ管(深部リンパ管)があります

手足の末端部分から始まった浅リンパ管の先に筋膜より下の身体の深部に

深リンパ管(腰リンパ本幹・腸リンパ本幹等)があります

深部に流れこんだリンパ液は関節運動や腹式呼吸などで

流れをよくすることが出来ます

また深リンパ管には弁がついているので一定方向に流れる仕組みになっています

が・・・

浅リンパ管は弁がついていないのでどの方向へも流れてしまいます

脚のむくみは下方向にリンパ液が滞ってしまうからなんですね

リンパ管は最後には胸管と右リンパ本管という2本の太いリンパ管になります

そして左静脈と右静脈に入ります

リンパ液の流量は1時間で約120ml1日で約3リットルと

とてもゆっくりです

そして浅リンパは皮膚の下1ミリ以下の所にたくさんあるので

優しくゆっくりマッサージしてあげると効率よく流れてくれます

 

フェイシャルマッサージも優しく優しくリンパの流れに沿ってマッサージすることによって

美肌効果・小顔効果が期待できます

強いマッサージは逆にリンパの流れを滞らせてしまうので注意です

そしてやっぱりおすすめはプラス アロマオイル

むくみにゼラニウム・ラベンダー

くすみにネロリ・フランキンセンス

しわにサンダルウッド・ローズウッドなどなど

リラックス効果もばっちりですね

 

むくみをそのままにしておくとセルライトに!?

201571711268.jpg松本地方は今日も梅雨空が続いています

台風がきているらしいのですがその影響はないようです

先日の暑さからは少し解放されましたがとってもジメジメしています

今の湿度が80%近いので

カラッとした気候に慣れてる信州人には

不快すぎます

この時期特有のなんとなく感じるだるさ、嫌ですね

むくみもひどくなります

梅雨時、低気圧だと血管内のスペースが広くなったところに

細胞内の水分が外に向かって膨張します

湿気が多いと余分な水分が皮膚に発散されなくなるなど

この時期はむくみがひどくなります

また低気圧により副交感神経が優位になることによって

血行が悪くなるのもむくみの原因です

一晩経ってむくみが解消されていればいいのですが・・・

あ、でも逆に顔がむくんだりすることもありますよね

それはもう水分代謝がうまくいっていないということです

むくむからといって水分を摂るのを控えていると

ますます水分代謝が悪くなるので適切な水分摂取が

むくみの解消にもなります

 

そんなむくみが蓄積してしまうと「セルライト」を引き起こしてしまうかもしれません

女性にとってなんだか「セルライト」って言葉、イヤですよね

セルライトは痩せていてもつきます

むくみなどでリンパ管や毛細血管が圧迫され老廃物が排出されずに

脂肪細胞にこびりつくようになり

更にリンパ管や毛細血管を押しつぶしセルライトができます

そしてそれを放置しておくと体内にあるコラーゲンと脂肪が合体して頑固なセルライトに・・・

怖いですね~

そうなる前にむくみの段階で解消しましょう!

・運動をする

・食事に気を付ける

・冷やさない

・身体を締め付ける下着はやめる

・半身浴

・マッサージ

でも、セルライトができてしまったからといって自分で潰すような強いマッサージをすると

潰された細胞が再生しようとして更に大きくなり新たなセルライトが

出来てしまいます

 

冷房の効いた部屋で仕事をされている方は

夏でも冷えに悩まされていますね

半身浴や足湯で温めてゆっくりやさしくマッサージをしましょう

 

 

 

 

 

心も体もリラックスして幸せホルモンを出そう

201561291829.jpg

よく聞くドーパミンとかアドレナリンとか

なんとなくイメージで使っている

「神経伝達物質」の名前ですが

他にもセロトニンとかエンドルフィンとか

なんかごちゃまぜになっちゃいますね

もうホントにざっくり

どんな時に分泌されたり

どんな感じになるのか言ったら

アドレナリン・ノルアドレナリン=戦う・逃げる・不安・恐怖・生命の危機

ドーパミン=感動・快感・ワクワク

セロトニン=幸せ感・充実感

βエンドルフィン=幸福・爽快

 

アドレナリン・ドーパミン・セロトニンは

3大神経伝達物質と言われています

 

ドーパミン・セロトニン・エンドルフィン

あとオキシトシンなどは「幸せのホルモン」と言われています

 

例えば私

不快なムワッとした満員電車に乗ってる時に

ものすごいストレスを感じてノルアドレナリンが増えます

→いい香りのハンカチをかいだり、スマホでかわいい猫の動画を見たり

βエンドルフィンが分泌→セロトニンが活性され落ち着く

もしここでセロトニンが分泌されず2時間くらい不快が続いたら

「もう死んじゃたい」とか「隣のおっさん殴っちゃえ」なんてことになるかも・・・

って感じです

 

ドーパミンが暴走すると依存症になりますが

それを抑制する作用もセロトニンにはあります

 

とっても重要なセロトニンですがセロトニンが不足すると

不眠や偏頭痛、うつを発症といったことに

 

セロトニンは腹式呼吸・日光を浴びる・リズム運動

トリプトファンを含む食品(バナナ、納豆、チーズetc.)を摂取する

といったことで増やすことができます

そして幸せを感じてる時には必ず出ている

βエンドルフィン、モルヒネの6.5倍の脳内麻薬と呼ばれています

リラックスしている時に出るα波が出るようなことをしている時に

βエンドルフィンが出ていると言われています

小川のせせらぎやオルゴールの旋律などα波の音楽を耳にしたり

風が気持ちいいと感じたり、大好きなものを食べたり、好きな香りをかいだり

心地よいリズムのマッサージをしたり、瞑想したり

と五感で脳に刺激を与えることで多く放出されます

アロマの香り-精油の香り効果

201552614503.jpg

「好きな香りはありますか?」とお聞きすることがありますが

もちろんアロマトリートメントにいらっしゃっているので

「焼肉の匂い?」なんて答える方はいないのですが

5感の中の嗅覚に変わりはありませんよね

 

香りは考えることなく一瞬で

感情・行動・記憶を司る

大脳辺縁系(間脳や脳梁を取り込み縁どっている)に伝わります

嗅球、嗅覚索も大脳辺縁系に含まれています

ですから他の色・音・味・触感に比べて好き嫌いが

はっきり現れる感覚ではないでしょうか?

好きな香りが人それぞれなのは

体験したことや記憶によるものもあります

よい香りの記憶って気持ちが落ち着いたり懐かしさを感じたり

不思議ですよね

例えば太陽に干した布団の匂いとか・・・

 

そしてその大脳辺縁系には

身体の生理機能をコントロールする

視床下部が存在します

香り成分が伝わるため

ホルモン分泌・内蔵の動き・免疫・知的活動なども

影響を受けると考えられています

つまりは香りによって

(いい香りだなぁって思うことが)

心身のバランスを保つことができる部分もあるのではないでしょうか?

 

しかし香りは目に見えないものです

そして人によって心地よく感じる香りの強弱も違います

きつい香水の香りに気持ち悪くなった経験は

誰しもがあるのではないでしょうか?

良い香りだなっ感じる嗅覚の部分だけでは

香水も精油も食べ物の匂いも同じです

ではどうしてアロマをおすすめするのか?

香水と精油の違いって?

 

精油は植物から抽出された100%天然の有機化合物です

精油の匂いは芳香分子の集まりですが分子が小さいため

香りが鼻粘膜から吸収され血液に入るものもあります

また気管支から肺細胞、血液と運ばれます

キャリアオイルで希釈して塗布した場合

真皮層の血管やリンパ管に入って心臓、全身へと

行き渡ります

 

良い香りと芳香成分によって得られる効能

そしてリラクゼーション

ぜひお試しください

5月病?

2015512134223.JPG

4月から新生活を始めた方も、そうでない方も

GWっていう長期の休みのあとにやってくる

体に心になんとなく感じるだるさ

あ~なんとなく5月病?

って感覚ありませんか?

しかもこれから梅雨の時期が待っていますし・・・

 

だるさも5月病も

「不定愁訴」とか

「自律神経失調症」といった病名もあったりしますが

(上記に甲状腺の病気があったりして本当に治療が必要な場合以外)

 

病院へ行くまでもないんだけど・・・

・なんとなく頭が重い

・背中が凝る

・いつも眠い

・外に出るとまぶしい

などなど「自律神経の乱れ」が原因かもしれません

 

自律神経は 

①活動=交感神経と②休息=副交感神経が

一日の中でバランスよく揺れ動いていれば良いのですが

 

・深夜に起きているなど生活の乱れ

・ストレス

・気温や気候の変化

などによりバランスを崩します

 

では自律神経を整えるのにはどうしたらよいのでしょう?

一番効果的なのはなんといっても

 

・深夜には寝て

・朝起きて朝日を浴び交感神経のスイッチをONにし

・朝食を食べ

・適度な運動

といった「規則正しい生活」

 

・吐く呼吸を意識した深い呼吸

 

そして

・リンパの流れをよくする

 

ストレスが溜まる→自律神経が乱れる→リンパの流れが悪くなる

→体内に老廃物が蓄積される→免疫力が落ちる

→病気になりやすい 

といった悪循環にならないためにも

 

リンパの流れが良くなる←→自律神経のバランスが整う

 

そうすることで身体の不調を整え自然治癒力が高まってきます

自分が頑張りすぎて神経や免疫まで頑張らしてしまう前に

リンパマッサージでリラックスしましょう!

マッサージを受けてリラックスすることにより副交感神経にも

スイッチが入りやすいようにします

その感覚を大事にして欲しいと思います

そしてアロマの香りからも

自律神経を整える手助けをします