ホーム>ブログ>2015年3月

2015年3月

マッサージに使用するオイル

201532312317.JPG最近注目のココナッツオイル

じわりじわりと注目されていましたが

最近TVで紹介されたらしく

一気に店頭からココナッツオイルが消えてしまいました

TVの影響ってすごいですよね

 

ココナッツオイルもオリーブオイルと同じで

生で摂取するならバージンココナッツオイルがよいです

 

でも24度以下ではこのように固まってしまうので・・・

松本では食べたい時にすぐ食べれないですよね(笑)

こちらのココナッツオイルについていた説明は

こんな感じ

2015323114847.JPG

タイ語と英語です

 

 

ココナッツオイルは

ダイエットに・抗酸化作用がある・免疫力UP・エイジングケアなどなど

効能や使用法がたくさん

 

より多くのカロリーを燃焼させる中鎖脂肪酸が約60

抵抗力を高めるラウリン酸は約50

(こちらは製品によって違いがあります)

 

トランス脂肪酸も0です

 

ってことでマーガリンはもちろん我が家では使用していなかったのですが

バターよりココナッツオイルを

 

シナモンシュガーやはちみつと一緒に

コーヒーなどに入れて飲んでもよいようですが

私は苦手です・・・

 

ココナッツオイルは肌に塗ると

とっても浸透がよくベタベタしません

若干ですが日焼け止め効果もあるようです

クレンジングオイルとしても保湿にもマッサージにも、万能ですね

 

ってことでマッサージのキャリアオイルにも使いたくなります

でもココナッツの香りが精油の香りを邪魔してしまいます

 

なのでキャリアオイルとして使用するなら

精製されたココナッツオイルを使用します

 

精製されたものは更に肌滑りが軽く吸収が良

ココナッツの香りがしないオイルになります

そして精製されたものは常に液体なのですぐ使用することができます

(だたし薬剤で精製されたものもあるので注意です)

 

通常アロマトリートメントで使用しているホホバオイルに

バージンココナッツオイルを少量足して

プラス精油っていうのも試してみてもいいなぁと

思っています

 

 

 

アロマテラピーでリラックス 精油の香りを楽しみましょう

20153317120.JPGのサムネイル画像

3月に入って信州松本も少~しづつ春が近づいてきました

HEALING ROOM SENSESでもトリートメント中の寒さが幾分気にならなくなってきました

 

「アロマ・精油の香り」ってどんな想像をしますか?

ラベンダー→ポピュラー→男性でも知ってる→トイレの芳香剤

柑橘系→グレープフルーツ→ダイエット

女性→ローズ→お花の香り

などなど・・・

 

アロマテラピーは日本語で言うと「芳香療法」

植物から抽出した精油を利用して、心と身体を癒す自然療法です

日本では香りやトリートメントによるリラクゼーションとしての利用が主ですが

フランスでは「メディカルアロマテラピーと呼ばれ薬品として飲む場合もあり
香り精油の成分を利用して、病気の予防や体調不良を改善する自然療法とされています

 

精油を活用する方法には

ディフィーザーなどで香りを拡散する「芳香浴法」

バスタブに入れる「沐浴法」

咳や喉の痛みに有効な「吸入法」

筋肉痛や打撲に「湿布法」

キャリアオイルで希釈してマッサージ「トリートメント法」  があります

その他

日常のお掃除、虫除けやスキンケアなどいろいろな活用方法があります

 

成分的に有効な精油プラス自分の好きな香りを足すのが私は好きです

しかし精油は花や果皮などから抽出して濃縮されたものですので

ラベンダーとティーツリー以外は直接肌に塗るのは厳禁です

もし皮膚についてしまったら水で洗い流すことをおすすめします

 

好きなにおいって精油に限らず

香水や食べ物とか森とか・・・心が豊かになるような

ほっとするような感じがしませんか?

精油は上記のように活用方法がたくさんあるので

生活に取り入れて香りを楽しみたいですね