ホーム>ブログ>Aroma>マッサージに使用するオイル
Aroma

マッサージに使用するオイル

201532312317.JPG最近注目のココナッツオイル

じわりじわりと注目されていましたが

最近TVで紹介されたらしく

一気に店頭からココナッツオイルが消えてしまいました

TVの影響ってすごいですよね

 

ココナッツオイルもオリーブオイルと同じで

生で摂取するならバージンココナッツオイルがよいです

 

でも24度以下ではこのように固まってしまうので・・・

松本では食べたい時にすぐ食べれないですよね(笑)

こちらのココナッツオイルについていた説明は

こんな感じ

2015323114847.JPG

タイ語と英語です

 

 

ココナッツオイルは

ダイエットに・抗酸化作用がある・免疫力UP・エイジングケアなどなど

効能や使用法がたくさん

 

より多くのカロリーを燃焼させる中鎖脂肪酸が約60

抵抗力を高めるラウリン酸は約50

(こちらは製品によって違いがあります)

 

トランス脂肪酸も0です

 

ってことでマーガリンはもちろん我が家では使用していなかったのですが

バターよりココナッツオイルを

 

シナモンシュガーやはちみつと一緒に

コーヒーなどに入れて飲んでもよいようですが

私は苦手です・・・

 

ココナッツオイルは肌に塗ると

とっても浸透がよくベタベタしません

若干ですが日焼け止め効果もあるようです

クレンジングオイルとしても保湿にもマッサージにも、万能ですね

 

ってことでマッサージのキャリアオイルにも使いたくなります

でもココナッツの香りが精油の香りを邪魔してしまいます

 

なのでキャリアオイルとして使用するなら

精製されたココナッツオイルを使用します

 

精製されたものは更に肌滑りが軽く吸収が良

ココナッツの香りがしないオイルになります

そして精製されたものは常に液体なのですぐ使用することができます

(だたし薬剤で精製されたものもあるので注意です)

 

通常アロマトリートメントで使用しているホホバオイルに

バージンココナッツオイルを少量足して

プラス精油っていうのも試してみてもいいなぁと

思っています

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.healingroomsenses.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17